悠ホーム 株式会社

基礎工事,補修工事,耐震工事,塗装工事,内装,リフォーム,リノベーションは大和市の悠ホーム

 


 

会社案内

〒242-0024 
神奈川県大和市福田
1-4-9 山下ビルⅡ・3
TEL:046-244-4972 
FAX:046-244-4973

フリーダイヤル
0120-900-787

 

対応地域

神奈川県内、東京都内に対応

※上記以外の地域についてはお問い合わせ下さい。

 

HOME»  塗装工事

塗装工事

塗り替えの必要性

塗り替えの必要性

 

外壁や屋根は、一年を通して風雨に晒されています。
そのため、塗料を一度塗ったからと言って半永久的に保持できるというわけではありません。

雨による侵食や様々な要因によるキズなどから腐蝕が進みむなど、外壁は常に傷み続けてるといっても過言ではありません。

劣化した状態でそのまま放置していると、劣化した壁からカビが広がり悪臭や湿気の原因になったり雨漏りなどの重大な被害にも繋がります。

住まいだけでなく、ご家族の健康を考えた時にも定期的な塗り替えというのは必要不可欠なのです。

 

塗り替えに最適な時期

塗り替えに最適な時期

 

塗り替えを行いたいと思っているけども、なかなかタイミングが分からない…。
そんな方のために、分かりやすい大体の目安をご紹介します。


何か一つでも当てはまった方、また不安に思った方がいらっしゃいましたらまずはご相談下さい。

 

屋根 材質 塗り替えの時期 塗り替えのサイン
スレート・コロニアル 6~8年 ・色に鮮やかさが無くなり変色している。
・錆が出ている
など
セメント瓦 6~8年
トタン 8~10年

 

外壁 材質 塗り替えの時期 塗り替えのサイン
モルタル アクリル 5~7年 ・色に鮮やかさが無くなり変色している。
・触ったら白い粉が手につく。
・ヒビ割れがおきている。
・コケや藻が生えている。
・塗装面が浮いてはがれている。
など
ウレタン 7~9年
シリコン 9~11年
サイディング 石膏・セメント 6~8年
金属 8~10年
トタン 6~8年
木部 3~7年

 

塗料の種類

塗料の種類

 

塗装を行う塗料には、様々な種類の塗料があります。


耐用年数は、地域や壁の方位によっても変わりますので目安としてご覧ください。
詳細な内容についてはお気軽にご相談ください。

 

塗料 耐用年数 特長
アクリル 3~5年 費用が一番安い塗料です。とりあえず塗り替えたいという時におすすめです。
ウレタン 7~9年 費用と耐年数のバランスが取れている塗料です。汚れが着きにくく、落ちやすい「低汚染塗料」と言ってツヤが綺麗に出て長持ちします。陶磁器のように砂を焼いて発色させているセラミック配合の塗料なら色あせが無く、さらにいつまでも美しい色を保つことができます。ツヤがある間は雨でホコリ等も流してくれます。
シリコン 8~11年 「超低汚染塗料」と言われるウレタンの効果をさらにアップさせたようなおすすめの塗料です。
ツヤは非常に長持ちします。ウレタン同様にセラミック配合の塗料なら、色あせが無く、さらにいつまでも美しい色を保つことができます。
フッ素 11~13年 きわめて耐候性の高い塗料で、耐久年数は15~20年程度となります。
建築用塗料として最も高いグレードとなり、金額もいちばん高くなります。
汚れがつきやすい塗料ですが、雨で簡単に落とせるため、綺麗な外観を保つことができます。
壁面のメンテナンスがあまり必要なくなるので、マンション等の集合住宅におすすめです。

 

屋根塗装

屋根塗装

 

屋根は建物の中で紫外線や雨などの影響を最も受ける場所です。

屋根表面の塗膜の劣化が進むと、屋根の割れ目から建物の内部に雨水の浸入を許してしまい、 雨漏りなどの原因になる恐れがあります。

快適で安全な住空間を維持するためにも屋根のメンテナンスは必要不可欠です。

屋根・外壁の診断も無料で行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

 

外壁塗装

外壁塗装

 

外壁塗装はお家の汚れを落とし景観を保つだけではなく、腐食防止や防水による建物の保護など、様々な役割を果たしてくれています。

このような機能を持つ外壁は、住宅を長持ちさせる為にメンテナンスが欠かせません。外壁塗装は建物のデザイン性、機能性に大きな影響を与えますので、まずはお気軽にご相談ください。

外壁の現状把握を行い適切な時期に塗り替えを行うことが、建物の寿命を延ばすポイントです。

 

遮熱塗装

遮熱塗装

 

遮熱塗装は、その塗料の効果により、太陽からの光を「反射」させることです。

太陽から発せられている紫外線などの熱は屋根や外壁に降り注ぎ、住宅の外周温度が非常に高熱になります。そのような熱のカーテンをまとった住宅内の温度も上昇し、夏のエアコン代にも影響してしまします。

そこで、遮熱効果のある塗装をすることで、熱を効率的に反射し、今までよりも夏涼しい住環境を実現することができます。

遮熱塗装の効果はこのような夏の時期に活躍します。

 

断熱塗装

断熱塗装

 

断熱塗装は、遮熱塗装は夏の暑い時期だけに活躍する塗料に対して、断熱塗装は「熱の移動を妨げる」ため、夏・冬にかかわらず効果を発揮します。

冬場の時期は、外の寒い空気が住宅をまとい、内部の熱が外へと逃げてしまいます。
そんなとき、断熱塗料による塗装を行っておくことで、熱が外に逃げてしまうことを防ぎ、暖かい住環境が実現できます。

また、夏場は冷房による冷気が外部に逃げてしまうことを防ぐことができるので、年間を通して活躍できる塗料が断熱塗装となります。

塗料の種類や効果、地域などの状況を加味して遮熱塗料か断熱塗料をお選びいただくといいでしょう。